不摂生は髪に悪い。

薄毛を気にするのなら、
自分の生活習慣にも目を向けてみる必要があります。
特に問題視されているのがタバコです。
タバコは毛細血管を収縮させるという、
悪い働きがあるのです。
毛細血管が収縮すると、
髪に適切な量の栄養が行き渡らなくなり、
髪の成長が滞ってしまいます。
脱毛は自然な状態でも起こるので、
抜ける一方で新しい毛が育たず、
薄毛になってしまいます。
それどころか栄養不足で脱毛が酷くなる事さえあるでしょう。
アルコールは、直接髪に影響がある訳ではありませんが、
髪の成長に必要な成分である、
マグネシウムやビタミンB群を排出してしまうという
悪い働きがあるのです。
そうすると、やはり髪の成長に影響が出て、
最終的に薄毛になってしまいます。
断酒する程ではありませんが、
程々でやめておいた方が良さそうです。
徹夜は髪にとても悪い影響を与えてしまいます。
髪は皮膚と同じく、夜に作られるものです。
特に成長が盛んなのは、夜の11時から夜中の2時くらいだと
言われています。
この間にしっかりとした睡眠を取る事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>