髪の毛の構造はどうなっているのでしょうか。

髪の毛の構造とはどうなっているのでしょうか。
表に出ている毛の部分があり、
その根元に玉状のものがあるのは分かるかと思います。
表に出ている部分を毛幹と言います。
そして皮膚に隠れている部分をまとめて毛根と言います。
普通、抜け毛などを見て分かる、
根本の丸くなっている部分は毛球といいます。
毛球にはくぼんだ部分があり、
ここを毛乳頭と呼んでいます。
この毛乳頭が頭皮から延びる毛細血管や神経と接続されています。
この接続された毛細血管から毛乳頭に栄養分が補給され、
毛球の内部にある毛母細胞が育ちます。
毛母細胞がどんどん細胞分裂を繰り返す事で、
毛が伸びていくのです。
これが大まかな毛の構造です。
育毛を考える時には、
この毛母細胞を活性化させる事が大切になってきます。
血行をよくする事で、
毛母細胞に程よい栄養を与え、
細胞分裂を促すのです。
そうして毛幹、つまり頭髪を伸ばしていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>